妻に浮気されたと感じたらのイメージ画像

妻の浮気現場を目撃したらどうすればいいのか

【妻が怪しい?浮気かも?】
手遅れになる前にすぐ対策!
TVでも人気の原一探偵事務所

↓↓↓↓↓↓↓
浮気の無料相談はこちら
5499

結婚している場合であっても、魅力的な異性に出会うと少しときめいてしまうことがあります。それでも大抵は特に何もないというケースがほとんどです。2人っきりで長く話をする機会があったりもしますが、それ以上の仲になるということは通常はありません。上司と部下という間柄であったり、仕事上の付き合いという関係を超えて深い仲になることはないでしょう。

しかし、稀に一線を越えてしまうというケースも見られます。一緒にラブホテルに入って肉体関係を持ってしまったという場合です。そういったときには浮気に発展してしまい、一度の過ちだけでなく継続して何度も肉体関係を持つようになってしまいます。そのうち旦那が不審に思い尾行したりするといった手段を採るようになるでしょう。それで妻の浮気現場を目撃してしまったらどうすればいいのか困ってしまうという例も多いです。

やや気の短い人であれば妻の浮気現場を目撃して逆上してしまうという例も見られます。浮気相手に殴りかかってしまうということは避けるべきでしょう。また、そこまで行かなくても、2人前に出て行って問い詰めるという人も多いです。しかし、それも最初のうちは避けるべきです。浮気相手が逆上してしまうということがあるためです。妻の浮気現場を目撃したら、まず映像や写真などの証拠を残すのが良いでしょう。そして、後日自宅で妻にそれらの証拠を見せて問い詰めて浮気をやめるように説得します。浮気をし始めてからあまり期間が経過していない場合には、それで浮気相手と別れさせることができることも多いです。

何とか妻の不倫現場を抑えたい

夫婦として長年一緒に暮らしていると、様子がおかしいということに気が付くときがあります。特に妻が外泊をするようになったり、服装や化粧が派手になったという場合に関しては要注意です。不倫をしている可能性があるためです。夫婦生活が長いと、夜の営みの回数も減って来るため、不倫に走ってしまう女性が意外と多いのです。

しかし、服装や化粧が派手になったというだけでは浮気の証拠にはなりません。若々しさを保ちたいから、オシャレに気を遣っていると言い訳されてしまうだけでしょう。そこで、何とか妻の不倫現場を抑えたい場合にどうすればいいのか考える必要があります。不倫をしている場合には、ちょっと問い詰めただけでは、白状してくれません。そのため、下手に問い詰めるということをせずに証拠を掴むようにしましょう。下手に問い詰めてしまうと、妻も警戒してしまいます。そうなると何とか妻の不倫現場を抑えたいと思っても、それが難しくなってしまいます。気が付かないふりをして、小型のボイスレコーダーなどを妻のバッグに仕掛けるといいでしょう。また、尾行をして写真や映像の証拠を抑えるという方法もありです。また、妻を油断させて証拠を掴む方法も有効です。仕事に行っている最中は妻も油断します。内緒で有休を取った上で、尾行をすると案外簡単に証拠を掴むことができます。何とか妻の不倫現場を抑えたい場合には、こういった方法を試してみると良いでしょう。

【妻が怪しい?浮気かも?】
手遅れになる前にすぐ対策!
TVでも人気の原一探偵事務所

↓↓↓↓↓↓↓
浮気の無料相談はこちら
5499

妻の浮気現場を押さえる方法

妻が浮気をしているという疑いが濃厚な場合には、何とかして証拠を掴まなければなりません。物的証拠がないと言い逃れをされてしまうことがあるためです。ちょっと服装や化粧が派手になった場合でも、浮気をしていると疑うきっかけにはなりますが、浮気をしている確かな証拠にはなりません。法的手段に出るということも視野に入れた上で、妻の浮気現場を押させる必要があります。

浮気をしている男女が肉体関係を持つ際には、ラブホテルを使用するのが一般的です。また、相手の男性が独身でひとり暮らしをしているような場合には、相手の男性の自宅で事を済ませることもあるでしょう。いずれにしても建物の中には入って行けないため、妻が浮気相手の男性と一緒に入って行く様子を写真や動画で撮影するという方法が望ましいです。特に腕を組んでラブホテルに入っていく様子を動画で撮影できれば、妻の浮気現場を捉えた証拠としては十分でしょう。写真の場合には、1枚だけでなく、数枚程度あった方が証拠能力が高いです。また、デジタルカメラを使用するよりも、フィルムを使うアナログのカメラの方が良いでしょう。デジタルカメラで撮影した画像は、容易に加工できるため証拠能力は低いのです。

また、浮気相手の男性の自宅に一緒に入って行こうとする現場を、妻の浮気現場として写真や動画に収める際には気が付かれないようにして行いましょう。自宅ということであれば、その場で言い訳をされてしまうこともあるためです。

思い切って乗り込み離婚決める

嫁が他所の男性と頻繁に会っているといった場合には、浮気をしているのではないかと疑うでしょう。仕事上の付き合いである場合や、単なる知り合いであれば問題ありませんが、それ以上の関係なら浮気に発展してしまうこともあります。最初はちょっと食事をするだけであったり、お茶を飲むだけという間柄でも、会う回数が増えるに従ってどんどんエスカレーターしていくということが多いです。そして、一緒にラブホテルに入ってしまうと一線を超えてしまいます。

嫁の様子がおかしいことに気が付き、ボイスレコーダーを仕込んだり尾行をしたりして、浮気をしているということを確認した場合には、離婚決めるというケースも少なくありません。その際には浮気現場に乗り込み、問い詰めてみるということが大切です。バレていないと思って浮気をしているというケースが多いですが、浮気現場に乗り込み問い詰めることで、素直に謝って浮気をやめるということもあります。最初から離婚決めるのではなく、そういったチャンスを少しは与えるのが無難です。

まず、自宅で嫁に浮気をしていないかどうかを聞いてみます。それで嘘をついている場合には浮気現場に乗り込み、その場で問い詰めるという順番で行うのが良いでしょう。そこで嫁が開き直ってしまったような場合には、離婚決めるという選択もやむを得ません。ただし、離婚決める際には、証拠の収集を十分に行っておくことが大切です。証拠がないとこちら側が不利になってしまうこともあります。

【妻が怪しい?浮気かも?】
手遅れになる前にすぐ対策!
TVでも人気の原一探偵事務所

↓↓↓↓↓↓↓
浮気の無料相談はこちら
5499

仲が良さそうな夫婦であってもどちらかが浮気をしているというケースがよくあります。しかし、旦那の方が仕事で忙しいため、妻の微妙な変化を見落としてしまい、浮気をしていても全く気が付かないケースも少なくありません。また、中年になってくると、女性としての魅力が落ちてくるため、まさか言い寄って来る男はいないだろうと思い、浮気の可能性など全く疑わない男性も多いです。

しかし女性の場合には40代くらいになると、若い頃よりも性欲が増して来ます。また、若い女性よりも包容力があり、適切にオシャレをすることで若い女性にはない魅力を引き出すこともできます。そのため、浮気をするケースが多いのです。そして、妻の浮気現場を偶然目撃してしまったようなときに、どうすればいいのか分からず困り果ててしまう男性も少なくありません。

やや気の短い人の場合には、妻の浮気現場に遭遇して口論になり場合によっては暴力を振るってしまう人もいます。しかし、そういった行動は得策ではありません。夫婦の仲を修復するのが難しくなってしまい、離婚に発展した場合に不利になってしまいます。また、見て見ない振りをするというのも、辛いものです。そのまま浮気が進展してしまうかも知れません。

そこで、妻の浮気現場を見らたら、怒っている様子は見せずに自然に話かけましょう。そして、一緒にいる男性は誰なのか尋ねると良いでしょう。そうすると、なんとかごまかそうと返答してくるはずです。そして、お互いに帰宅してから、今回ばかりは許すが次は無い旨を伝えます。よほど本気になっていない限りは、これで浮気はやめてくれるでしょう。

浮気現場の日時がわかっていると、調査期間は短くなりますので、調査費用は安くなりますよね。

だからといって、浮気の日時を知っているにしても、友達に何とかきいてもらって、写真を撮るようにすると、骨折り損になることは確実です。ひそかに証拠を 握りたいときには探偵に頼むのが一番いいに決まっています。幾ら成功報酬制を採用していると言っても、たとえば、浮気調査を依頼したケースでは、その際の 調査期間が3日間だったとするとその3日の間だけは浮気がなかったとすればその調査は成功したということになってしまいます。

実際には浮気していたとしても、その3日間だけ浮気が見つからなければ、浮気とは分からないまま、調査についてはそこで完了し、成果もないのに成功報酬を支払わざるを得なくなるでしょう。

携帯電話の通話履歴から浮気の証拠が掴めるのです。

浮気相手への連絡手段として携帯を使うことは当然考えられます。

近頃は、メールとかLINEといった手段で連絡をことも増えていますが、やはり好きな人の声を聞きたい、話したいと思う可能性は十分あります。そのため、何気なく電話することは十分ありえるのです。

一般に、探偵が尾行するのに幾らくらいかかるかと言うと、調査員が何人かによってもちがいますが、1時間で1万円から3万円ほどと考えて下さい。

当然のことですが、調査員が1人なら安く、多くなるほど高くなります。また、尾行する際に車やバイクで移動すると、交通費や車両費といった名目で別途請求 があがってくることがありますので、確認が大事です。法律の中で、夫婦関係にある人が配偶者ではない人と性的関係になることを不貞と定めています。

ということは、法に従えば、性的に親密な関係ではなかったなら、ともに時間を過ごしていたとしても、不倫じゃないということです。男女の既成事実をつかむ のは個人では難しいですが、探偵や興信所の力を借りるということも考えてみてもいいかもしれません。浮気調査の第一段階ですべき事は、本当に相手が浮気し ているかの調査です。浮気しているか否かが不明確な場合はひとまず、依頼主に調査続行の意思を確認することとなります。

残念にも、伴侶の不実が確かなものとなったら、次にすべきことは、浮気相手の特定です。

パートナーの日々の行動を追跡したり、些細な痕跡も見逃さぬよう様々な方法で、不倫相手の正体を証拠として押さえるのです。不倫に関する問題を誰かに相談するなら弁護士に相談しましょう。

離婚したいと考えるのか、不倫相手から慰謝料を取りたいと考えるのかをよく考えてから相談するといいでしょう。不倫の証拠を掴みたいのなら、探偵事務所や興信所に相談して下さい。

女性の場合、近所の奥さまや友だちに相談してしまう方も少なくありませんが、噂の対象になりたくないのであれば、相談しないようにしましょう。

レシート、クレジットカードを調べると浮気の証拠を掌握することもできるでしょう。

まず、普段は利用しないような毎回、コンビニエンスストアのレシートを見かけることが多くなったら、普段からその近くに赴いている事になります。その場所で監視していると、浮気の現場を現行犯で見つけられるかもしれません。

浮気をしているかどうかを調べるのに探偵事務所を使って成功報酬で依頼したら損しないかと言うとケースバイケースで沿うでないこともあります。成功報酬な らば一般的な感覚としては調査が成功しなかった時、料金の支払いをしなくてよいので依頼者は損をしなくて済むように感じます。それ故に、探偵事務所の中で も成功報酬を採用している所に絞って、選んでいる人さえいるのす。

だいたい浮気調査の調査期間は何日ぐらいなのかというと、平均で3~4日かかるといわれています。

覚えておいていただきたいのは、これはあくまでも一般的な期間です。

浮気の証拠を中々のこさないタイプのパートナーだと、1週間から1カ月くらい調査期間が必要になることがあると思っていて下さい。

逆に、怪しい日があらかじめ分かっているなら、たった1日で調査が完了してしまうこともあるのです。

浮気調査は専門家への依頼が一番と言われる由縁は冷静でいることが難しくなってしまうかも知れません。

どんな人でも、実際の密会に居合わせてしまうと刃傷沙汰に発展してしまう場合が発生することも多いのです。余計な厄介ごとを増やさないためにも確かな証拠を得るためにも、浮気現場を押さえるのは探偵に任せるべきでしょう。

探偵による浮気調査の結果、どう考えても覆しようのない裏付けが取れれば、配偶者と不倫相手には慰謝料をもとめることができるのです。

相手が信頼できなくなってしまったら一生をともにするのはそのストレスはまあまあのものになりますから、慰謝料を請求し、離婚する決断もありでしょう。

また、配偶者の不倫相手に慰謝料の請求をしておけば配偶者との関係を確実に終わらせることができるはずです。

調査機関に依頼したところ、自分の結婚相手の浮気が発見された時、別れるべ聞か否か決めかねますよね。それを避けるために、浮気調査を依頼してしまうよりも先に、あれこれ考えを巡らせておくべきです。

法律上、夫婦間に不貞があってはいけない所以ですから、不貞行為に対する慰謝料を要求して結婚生活を解消するのもいいでしょう。

カーナビにより浮気の事実を証明できます。カーナビにある履歴を確認し、浮気相手とドライブデートしたというところを見つけられる場合があります。

あまり見たことがない場所の履歴を見つけた場合気を付けなければいけません。それに加えて、よく給油されていた場合、デートを車でしている可能性があるかもしれません。

探偵の浮気調査の場合でも失敗する事がないことはないのです。

探偵が浮気を始めとした調査の達人だといっても、成功しないことがごく稀にあります。

尾行対象がある日突然に、車や電車で移動したり、尾行がばれることもあるでしょう。それか、浮気調査期間中に不倫相手と接触しない場合には証拠入手が困難です。

人の日々の動き方には習慣ができる

行動をメモしておくことで浮気の決定的な証拠をつか向こともあります。大抵、人の日々の動き方には習慣ができます。

にもか代わらず、浮気をしてしまっていると、動きの法則性が変化してきます。

変わった時間帯や曜日が断定ができたら、行動をしっかりと観察すると、浮気の証明ができる可能性が上がります。

ご主人の浮気相手の家などに乗り込んで行って修羅場と化すシーンは、ドラマでも描かれることが多い光景です。

配偶者の浮気現場に乗り込むのが男の場合は、傷害や場合によっては殺人さえも起こるというストーリーもよく使われます。配偶者の浮気の現場に自ら乗り込むのもやり方の1つでしょう。

別れる決心がついている場合は、問題ないかもしれません。 探偵が用いている追跡グッズとは 自分で購入できるのかといえば買うことができるのです。

一般的には、追跡グッズはGSP端末を用いることが多いのですが、これはいかなる人でもインターネット等で買うことができます。車に載せてあるGPS端末 は、本来、車の盗難されたときのために付けておくと思いますので、当然、誰でも購入できます。立ち寄る場所がわかる機械を利用して、毎週のように行ってい る所を検索して、近くの喫茶店などで様子を伺っていれば、必ず来るはずなので、こちらに有利な証拠を掴めるでしょう。

あまり予算が無い場合には、GPSで調べるだけでも、方法の一つです。

GPS端末が付けられていることが発覚する事があります。不倫の慰謝料の相場としては200万円前後ですが、50万円程度になるケースもありますし、 400万円くらいまで跳ね上がっているケースもあります。実は、離婚しなくても慰謝料の請求はできますが、額は少なくなります。

また、不倫相手の方が浮気を認めない際は証拠が必要とされます。どの人からみても明らかな浮気の証拠がなくてはいけません。

成功報酬制の料金体系を設定している探偵事務所は、調査に成功した場合でないと報酬を得られないリスクというが大きく、成功報酬の金額が相場より高く設定されているケースが多いようです。

その結果として、成功報酬のシステムだからと言って、浮気調査にかかる費用が安くなるとは言い切れません。

調査に対するこれまでの実績などもチェックして、信頼できる料金システムを提示している探偵事務所に依頼した方が満足できるのではないでしょうか。

GPS端末は、車の目に触れないところに取り付けておいて、行動を常時監視し続け、現在地を掌握したり、後で蓄積しておいたデータを呼び出して行動を確認する事ができます。

車より、徒歩、チャリンコ、公共交通機関などを使う事の多い人なら、カバンにGPS端末を隠しておく、という方法もあります。それによって、相手が行った場所や何時間滞在したのかもわかってしまうでしょう。

興信所か探偵事務所か迷うちがいの差ですが、これと言って無いと言っても言い過ぎではありません。

両方とも、浮気調査から身辺調査、他にもストーカー対策、行方不明者の捜索のような類似したシゴトをしています。

でも、どちらかを選ぶとしたら企業や団体は興信所に、個人は探偵に頼るようです。

探偵事務所を捜す方法としては、利用者による口コミを調べると安心です。ここで重要なことは、その探偵事務所が運営するサイトに掲載された口コミを見るの ではなく、全く無関係の掲示板や専門の相談用サイトに載っているような口コミをチェックするといいでしょう。該当する探偵事務所と金銭的に無関係の人によ る口コミは、ずっと信頼性が高いと言えるでしょう。

洋服の好みが変化してきたら、危ない予兆です。

浮気の相手が好きな格好をしようとしていたり、わずかでも自分をよく見せたりしている場合があります。ある日から、服装が年相応でない色や柄のものを着るようになってきたら、相当に危ない予兆です。

その時、お洒落な下着をはくようになってきたら、浮気の可能性があります。もし、貴方が不倫などに向き合うことになり、慰謝料を要求しようとするのなら、相手の身元はおさえておかなければいけませんし、間ちがいのない、裏切りの数々を掴まなければなりません。

それには探偵の浮気調査が有用で、不倫の証拠をプロならではの手段と方法で、捉えてくれますし、裁判において、貴方の望む報いを与えるに充分な物を届けてもらえるのです。実際に探偵に頼向ことで浮気の証拠を掴む事が可能です。

配偶者が浮気をしているのではないかという疑いをもった場合、自分で証拠を集めようとするでしょう。

しかしながら浮気の証拠を自力で手に入れるとなると、自分の行動が相手に見つかってしまうリスクが高くなります。理由としては単純で、あなたの顔が相手に認識されているのからです。

なんとアルバイトの探偵がいる場合があるんです。探偵としてのアルバイトを調べてみると、おシゴトが見つかるのです。

このように、バイトがシゴトをしている探偵事務所も多いのです。浮気調査を頼むときには、個人的な情報を伝えなければ不可能です。

バイトとしてやっていると突然やめることもあるでしょうし、知った情報を部外者に伝えることも可能でしょう。浮気調査をプロの探偵に依頼して証拠を掴向事 が出来ても離婚しないままの方が良いこともあります。とくにお子さんがいらっしゃる場合、浮気をした、されたといってトントン拍子で離婚の話は進まないと 思います。

養育費も期待するほど貰えないことが多いですし、理由をつけて支払われないことも多いですから、一人で育てていくのは容易ではありません。

反対にそれが男性の場合でもまた同様でシゴトと両立しながらうまくやっていくのは難しいでしょう。

格好をチェックすることで浮気の証拠を見つけられます。人が浮気をすると、目に見えて出現してくるのは今までとは変わった服装です。

それまではお洒落には興味がなかったのに、突然、服装にこだわりができたら注意する必要があるでしょう。

この先、浮気に進展し沿うな人や、もう浮気の相手がいるかもしれません。費用を節約して浮気調査をするには、ある程度自分で前もって調査してから調査会社へ依頼することです。調査とはいっても簡単にできることなのです。

毎日のパートナーの行動記録を立派な調査なのです。

日々のシゴトに出掛ける時間、帰宅してきた時間、電話が掛ってきた場合は、掛ってきた時間と通話時間も忘れずに記録しておくようにしましょう。

自分の夫あるいは妻が他の異性と不倫をした場合、慰謝料を配偶者とその相手に対して請求できます。

しかし、あなたの夫または妻が不倫する前から、同じ屋根の下で生活してはいるもののほとんど会話がない場合や、二人の間に亀裂があったと認められる場合、 あなたは二人に対して慰謝料を請求できません。慰謝料の金額は、不倫によってあなたが精神的な苦痛をうけたか、歳や婚姻年数など総合的に判断して裁判所が 慰謝料を決めます。

探偵に依頼した浮気調査に支払う費用は2つに分けられ、「実費」と「時間給」になります。

実費にふくまれるのは、電車やバスなどの交通費、写真撮影にかかる費用などですが、調査の際の食費が上乗せされることも少なくありません。また、時間給は 調査員の人数×調査時間で、費用を算出します。調査にかかる時間が短いほど請求金額も少ないです。同一電話番号から電話を頻回に取っていたり取り合ってい るとなるとそれは浮気相手と連絡を取り合っているという可能性が濃厚であると考えられます。

その後、その電話番号の持ち主を見つけ出せばいいのです。

沿うは言いましても、パートナーがやり手となりますと、電話で浮気相手と連絡を取りあった後には通話の履歴を削除するということを抜かりなく行うといったような事もあります。

浮気の調査をするときには、何人の調査員が必要なのかというと、どのような調査が行われるかにもよりますが、多くの場合、2人程度で調査しています。

本当に浮気なのかを調査員が1人で大体の場合はおこないます。

浮気をしていることがはっきりとしたら、もう一度計画を練り直して調査員の数や方法など進むべき方向を決めます。

妻の浮気調査について相談したいなら

北海道|東北

北海道福島県岩手県山形県秋田県青森県宮城県

北関東|首都圏

栃木県群馬県茨城県東京都千葉県埼玉県神奈川県

甲信越|北陸

長野県新潟県山梨県富山県石川県福井県

東海

岐阜県静岡県愛知県三重県

近畿

滋賀県京都府和歌山県兵庫県大阪府奈良県

山陰・山陽

山口県鳥取県広島県岡山県島根県

四国

徳島県愛媛県香川県高知県

九州|沖縄

佐賀県長崎県鹿児島県福岡県大分県熊本県宮崎県沖縄県

このページの先頭へ